FUJIIRYOKI

TOP
コラム

【メルマガコラムアーカイブ】 第9回 インテリアで個性を表現するテクニック

(このコラムは2012年4月26日にメルマガ配信したものです)

こんにちは!インテリアコーディネーターの久保貴美です。
すっかり春の陽気になりましたね!新しい生活が始まって、ドキドキワクワクの方も多いでしょうね^^

さて、前回のコラムでは、“居心地よく暮らすための大切な3つのこと”を書きましたが、
今回は「インテリアで個性を表現するテクニック」をお伝えしたいと思います。


★筆者紹介★
インテリアコーディネーター 久保貴美
インテリアデザインスタジオ『inspi++』代表。
“女性が癒され、元気になる空間づくり”をモットーに、インテリアのコーディネートはもちろん、コラムの執筆などでも活躍中。
○ホームページ:http://www.inspi.biz/
○ブログ:http://ameblo.jp/slowday/

個性はさりげなく♪

インテリアコーディネートで大切なことはバランス(調和)です。
しかし、家具やカーテンの色みを合わせ、シンプルなもので揃えたインテリアは、
無難にまとまる半面、面白みに欠けるインテリアになってしまうこともあります。
かといって、大きな面積を占めるカーテンやソファの貼り地に、大胆な色や柄モノを取り入れると、
最初は良くても、次第に飽きる可能性もあります。
もちろんそれがダメという訳ではなく、それが大好きで、見ていると毎日楽しくなる!という人にはいいと思います。

しかし、基本的にはシンプルなインテリアが好き・・・という方のために、さりげなく個性を表現するおすすめの方法があります。
それは、“小さな家具でアクセントをつける”という方法です。
一番取り入れやすい具体例として、ソファ前の「センターテーブル」もしくは「サイドテーブル」に凝ってみること。

センターテーブル(サイドテーブル)は、他の家具と違い、妥協で選んでしまっていたり、
前から使っているものをなんとなく使っていたりと、あまり気合いを入れて選ばれていないケースが多いような気がしますが、
これこそ自分らしさをさりげなく表現できる格好のアイテムなんです!

例えば、アンティークテイストのテーブルでインテリアに深みを出したり、
無垢材のつぎ合わせのようなテーブルでモダンなインテリアに素朴感をプラスしたり、キリムのトランクでアクセントをつけたり・・・。
ベースがシンプルであればあるほど、アクセントが際立って、洗練されたインテリアに近づきますよ^^

もちろん、クッションやアートなどの小物でも個性を表現できますが、
小さな家具で取り入れると、さらにワンランク上のインテリアになりますね。
今のインテリアに何かが足りない・・・という方は、ぜひ試してみてください。

次回は、「アウトドア インテリア」をお届けします☆