FUJIIRYOKI

TOP
コラム

【第36回】日常生活の歩数

寒い季節は体を動かすことが億劫になりますが、基礎代謝が上がる冬にこそ体を動かせばよりエネルギーを消費しますので、ダイエットしたい方にはおすすめです。
運動習慣があまりない人でも、日常的に歩く習慣は身に付きやすいのではないでしょうか。

実は、国民の歩数は年々減っている傾向にあります。

厚生労働省が国民の1日の平均歩行数を発表しています。
平成29年の調査では、男性6,846歩、女性5,867歩です。(※1)
一方、時代をさかのぼり平成9年の調査では、男性8,202歩、女性7,282歩 でした。(※2)
今と比べて1,300歩以上も多かったことがわかります。

歩数が減っている背景には、労働スタイルの変化や交通手段の発達により日常的に歩く必要性が減ってしまっていることが考えられます。

皆様は普段どれくらい歩いていますか?
歩数は万歩計やスマホのアプリで簡単に計ることができます。

どうすれば歩く機会は増えるでしょうか。
1日10分歩く時間を増やす。エスカレーターと階段が並んでいたら階段を選ぶ。
電車やバスを1駅手前で降りる。散歩を楽しむ。
通勤の靴をスニーカーに変える。

なお、2022年度に向けた目標値
も発表されています。(※3)
・20歳~64歳の目標:男性9,000歩、女性8,500歩
・65歳以上の目標 :男性7,000歩、女性6,000歩

健康増進のために、歩く生活を始めてみましょう。


 (出典)
※1、厚生労働省『平成29年国民健康・栄養調査結果の概要』『第3章 身体活動・運動及び睡眠に関する状況』図33-1より
https://www.mhlw.go.jp/content/10904750/000351576.pdf

※2、厚生労働省『平成9年国民栄養調査』第49表より
http://www.kenkounippon21.gr.jp/kenkounippon21/about/kakuron/2_undou/zuhyo/hyo_49.html

※3、厚生労働省『健康日本21(第二次)目標項目と現状値について 』『別表第五』『(2)身体活動・運動』より
http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10601000-Daijinkanboukouseikagakuka-Kouseikagakuka/0000047553.pdf