FUJIIRYOKI

TOP
商品情報

商品情報TOP

マッサージチェア

商品一覧

マッサージチェア比較ナビ

マッサージチェア一覧表(PDF)

マッサージチェア AS-2000

マッサージチェア AS-1100

マッサージチェア AS-1000

マッサージチェア AS-870

マッサージチェア AS-790

マッサージチェア AS-780

マッサージチェア AS-695

マッサージチェア AS-690

マッサージチェア AS-680

マッサージチェア AS-F60(BB)

マッサージチェア SKS-55

ロースタイルマッサージチェアH AS-LS1

マッサージチェア SKS-6900

マッサージチェア SKS-4000

マッサージチェア SKS-3900

マッサージチェア SKS-110

マッサージチェア JTR-170

マッサージチェア JTR-160

マッサージチェア JT-FJ90

マッサージチェア TR-400

マッサージチェア TR-300

マッサージチェア TR-200

マッサージチェア TR-20

ロースタイルマッサージチェア LSC-1

マッサージチェア MTR-500(S)

マッサージチェア OH-6800

マッサージチェア OH-5970(DX)

お客様の声

マッサージチェア体験マップ

こだわりのマッサージチェア

ソムリエ講座&ソムリエコール

カタログ・取扱説明書

生産終了品

よくあるご質問

安全に関するご注意

小型マッサージャー

健康布団

治療機器

アルカリイオン / 電解水素水生成器

フィットネス機器

補聴器

5. 補聴器の音に順応するために

まずは短い時間から始めましょう

補聴器を装用するとすぐに昔のようなきこえが蘇るというわけではありません。耳は感覚器官ですので調整がきちんと行われても、補聴器の音にはすぐに順応できません。少しずつトレーニングを重ね、補聴器の新しい音になじんでいきましょう。

最初から補聴器を長時間使うと、疲れが大きいものです。だんだんと時間をのばすようにし、疲れたら補聴器を耳から外して休みましょう。

商品に関するサポート情報