FUJIIRYOKI

TOP
商品情報

商品情報TOP

マッサージチェア

商品一覧

マッサージチェア比較ナビ

マッサージチェア一覧表(PDF)

マッサージチェア AS-2000

マッサージチェア AS-1100

マッサージチェア AS-1000

マッサージチェア AS-870

マッサージチェア AS-790

マッサージチェア AS-780

マッサージチェア AS-695

マッサージチェア AS-690

マッサージチェア AS-680

マッサージチェア AS-F60(BB)

マッサージチェア SKS-55

ロースタイルマッサージチェアH AS-LS1

マッサージチェア SKS-6900

マッサージチェア SKS-3900

マッサージチェア SKS-110

マッサージチェア JTR-170

マッサージチェア JTR-160

マッサージチェア JT-FJ90

マッサージチェア TR-300

マッサージチェア TR-200

マッサージチェア TR-20

ロースタイルマッサージチェア LSC-1

マッサージチェア MTR-500(S)

マッサージチェア OH-6800

マッサージチェア OH-5970(DX)

お客様の声

マッサージチェア体験マップ

こだわりのマッサージチェア

ソムリエ講座&ソムリエコール

カタログ・取扱説明書

生産終了品

よくあるご質問

安全に関するご注意

小型マッサージャー

健康布団

治療機器

アルカリイオン / 電解水素水生成器

フィットネス機器

補聴器

技術と機能

技術と機能

独創的な機能を次々と実現する、高い技術力

フジ医療器は、1972年に1台で「もみ」と「たたき」ができるアーム着脱式マッサージ機を開発。1995年にはフジ医療器では初めてエアーバッグを搭載したマッサージチェアを開発し、さらに2001年には背中のラインを自動的に読み取る3Dポイントナビシステムを開発しました。
創業から現在に至るまで、お客様のニーズに合わせて数多くのアイデアを発揮し、技術力を高めてきました。

高い技術力は、フジ医療器のアイデンティティ

高い技術力は、フジ医療器のアイデンティティです。

やさしく、深く、じっくりと。手技を超える心地よさを追求「5D-AIメカ」

2005年、「特にコリが激しい首、肩、腰をしっかりとマッサージしてほしい」というニーズに応えるため、「極メカ」を開発。深く強くしなやかに刺激するマッサージを追求し、基本動作に前後の動きを加えた3Dモードで、より手技に近づいた多彩で立体的なマッサージが可能になりました。

2010年、「極メカ2.0」の開発でもみ幅の強弱幅&極メカモード時の施療範囲を大幅に拡大しました。

2012年、マッサージに緩急を取り入れた「極メカ4D」を開発。3D(上下、左右、前後)の動き全てに「動作時間のコントロール」を実現することで、深く味わいのあるマッサージを可能になりました。

2013年、「極メカ4D」に「スローハンド制御」を搭載。超低速でじ~んわり・じ~っくりとコリを深くもみほぐしてくれる、プロ技のようなマッサージが実現しました。

2015年、「深層 極メカPRO」と「深層 極メカ」を開発。筋肉の深層にアプローチする業界最大 約12.5㎝のもみ玉突出量を実現しました。革新的な「力」と「技」を兼ね備えたメカユニットが、より深く、より繊細に、コリの深層を攻略します。

2019年、「5D-AIメカ」を開発。AIによるもみ動作制御と高精度のモーターにより、従来の機械的な動作から手技のような滑らかなマッサージを実現。さらに人それぞれの筋肉の状態に合わせてリアルタイムに力加減、動作の緩急、圧力を自動調節し安定したマッサージでコリのポイントをしっかりほぐします。


5D-AIメカ

5D-AIメカ。やさしく、深く、じっくりと。手技を超える心地よさを追求


3Dで背すじラインと肩位置を検知する「ダブルセンシング」

フジ医療器は創業当初から、より人の身体に合った動きでマッサージができる商品を目指して、試行錯誤を繰り返してきました。

2001年、背中のラインを自動的に読み取る3Dポイントナビシステム(フジ医療器独自機能)を開発。一人ひとりに適したマッサージを行うため、背筋ラインをセンサーで読み取り、日々、体調や習慣、時間帯などによってデリケートに変化する身体のカーブに合わせて自動的に強弱動作を実施します。

2010年、「3Dポイントナビ+」を開発し、身長の低い方にも対応できるようになりました。

2015年、マッサージの「深さ」と「ポイント」を最適化する「ダブルセンシング」を搭載しました。背すじラインを検出する「S字ライン検知システム」と肩位置を検出する「肩位置検知システム」の2つセンシングシステムです。3Dで体形を検知し、一人ひとりにぴったりのもみに調節します。

2019年、進化した高精度センシング技術の「AIダブルセンシング」を開発。背すじラインと肩の高さを自動検知し、5D-AIメカに情報を反映することで体形に合わせた最適なマッサージをご体感いただけます。

AIダブルセンシング

ダブルセンシングでマッサージの「深さ」と「ポイント」を最適化

手技のしなやかさを再現した「トリプルモードエアシステム」

もみ玉によるもみ・たたきが中心だったマッサージチェアに、手のひらによる面のマッサージを再現するために、フジ医療器は1995年に世界で初めてエアーバッグのみを搭載したマッサージチェアを開発しました。
エアーバッグのソフトなマッサージが高評価を得たことを受け、フジ医療器はさらなる究極のマッサージをめざしエアーマッサージを進化させてきました。高速給排気によるパルスモード、全身ストレッチ、腰のひねりマッサージ、脚のストレッチなどエアーバッグにしかできないマッサージ機能を充実させた「エアーマジック」を開発。

そして、2015年には、手技のしなやかさを再現した3種のエアーモード「トリプルモードエアシステム」を開発しました。エアーの流量と速度を制御する「流量調整機能」を搭載し、手もみのように緩急のある「手もみモード」、小刻みな給気と排気動作などの繰り返しで血行を促進する「パルスモード」、部位を集中的にマッサージする「ノーマルモード」の3つのエアーモードを選択できるようになりました。

トリプルモードエアシステム

エアーバッグで全身を包み込むようにマッサージ

商品に関するサポート情報