FUJIIRYOKI

TOP
企業情報

【水と健康の意識調査】飲み水で健康への取り組みが一目瞭然!

2011年8月1日

 マッサージチェアでシェア№1(※1)の株式会社フジ医療器(本社/大阪市中央区:代表取締役社長/町田一郎)は、この度、「8月1日 水の日」にあわせて、【水と健康の意識調査】を実施いたしましたので、その結果をご案内いたします。


【調査概要】
■調査期間 : 2011年7月14日~2011年7月21日
■対象者   : 10代~70代の男女2590人(男性 1122人、女性 1468人)
■調査方法 : インターネット調査



1日に飲む水が1リットル以下と回答「69%」

 人間の身体の約 60%は水で構成されています。体の機能を正しく保つために、成人の場合、飲み水で1日に約1.5リットルの水分補給が必要といわれています。

今回は、水分補給のなかで「水」がどれだけ飲まれているかに注目し、アンケートを実施しました。「1日にどれくらいの水を摂取していますか?」という質問に対して、1リットル以下の方が69%いることがわかりました。

一日にどれくらいの水を摂取していますか?



健康や安全性、おいしさを考慮して水を選んでいる方は「59%」

 「普段の飲料水を教えてください」という問いに対して、「ペットボトルのミネラルウォーター」(25%)、「浄水器を通した水道水」(25%)、「ウォーターサーバー」(5%)、「アルカリイオン整水器を通した水道水」(4%)となっており、健康や安全性、おいしさを考慮して水を選んでいる方が約6割います。

普段の飲料水を教えてください。



健康や安全性に対する満足度の高い水は「アルカリイオン整水器を通した水道水」

 飲料水に対する満足度について「健康面」「安全面」の視点で質問したところ、「アルカリイオン整水器を通した水道水」(45.1%の人が満足)が一番満足度の高い結果になりました。次に満足度が高いのは「ウォーターサーバー」(44.8%の人が満足)で、その次が「ペットボトルのミネラルウォーター」(35.5%の人が満足)となっています。

 今回の調査で、アルカリイオン水を飲まれている方は、健康に対する意識が強く、「健康面」「安全面」で高い満足度を得られるということが分かりました。

各飲料水において、「健康面」「安全面」で満足していると回答した比率

 
これから猛暑の中で節電対策を実施する状況で、水分補給は生死にかかわる重要な役割を担います。フジ医療器は、「アルカリイオン水、元気グングン」の特設サイト開設を皮切りに、今後も定期的に水に関する調査や情報を発信していきます。

※1全国の有力家電量販店販売実績を集計するGfKJapanのデータに基づいた、2009年1月~2011年6月累計「マッサージチェア」メーカー別販売金額シェア

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社 フジ医療器
〒540-0011
大阪市中央区農人橋1丁目1番22号 大江ビル14階
商品部 水口・一井(商品関連)
経営企画室 前尾・田中(企業情報関連)

Tel:06-4793-0611(代)
Fax:06-4793-0601