社長挨拶
*

一歩、二歩、三歩 踏みしめて

フジ医療器は、1954年に大阪の地で、世界で初めてマッサージチェアの量産化をしたことから始まり、日本全国はもとより世界各国へと日本の文化であるマッサージチェアを普及させ、多くの人々の生活向上と健康管理に貢献してまいりました。

そして、創業以来一貫して、お客様の思いに応える商品開発をおこなっています。開発・製造・営業・マーケティングなど各部門が、日々研鑽を重ね、お客様のニーズを取り入れ新たな商品開発へと結びつけています。

現代の日本は、世界に例を見ないスピードで高齢化が進み長寿大国となりました。超高齢化社会となった今、すこやかな日常生活を送ることができる「健康寿命」を延ばすことが強く望まれています。その中で、私達が果たすべき役割は大きなものがあると考えます。

主力のマッサージチェアをはじめ、フットマッサージャー・健康布団・電解水素水生成器・治療機器・補聴器など、健康生活を送る為の商品を幅広く展開し、私達の使命である「健康社会への貢献」のため全力を尽くしています。

これからも全従業員が一丸となり「一歩、二歩、三歩 踏みしめて」お客様の健康づくりに貢献してまいります。

代表取締役社長 木原定男
*
▲このページの先頭へ戻る