電解水素水って、どんなもの?
*
電解水素水ってどんなもの?

ここでは「トレビ水素プラス」がつくる電解水素水がどう健康に良いのかや、上手な使い方のコツなどをご紹介します。

胃腸の健康のために、「電解水素水」。

電解水素水の大きな特長は、胃腸症状改善に働きかけることです。代表的な例として、胃もたれの症状改善、胃の不快感をやわらげるなどの効果が認められています。毎日飲み続けることで、気になる胃腸の症状を少しずつやわらげます。

電解水素水の効能または効果
胃腸の健康のために、「電解水素水」
*
▲このページの先頭へ戻る

電解水素水のヒミツは、「酸化還元電位」の違い。

水の電気的エネルギー量を示す指標を「酸化還元電位(Oxidation Reduction Potential=ORP)」と言います。プラス数値が高いほど酸化させる力が強くなり、マイナス数値が高いほど酸化したものを元に戻す還元力が強くなります。

電解水素水はマイナス数値ですので、酸化したものを戻す還元力が強いと言えます。

電解水素水のヒミツは、「酸化還元電位」の違い
*
▲このページの先頭へ戻る

電解水素水生成器と、浄水器はどこが違うの?

浄水器は、水道水に含まれている残留塩素や不純物を除去した、
きれいな水をつくるもの。

電解水素水生成器は、不純物やカルキ臭を除去した浄水を、さらに電気分解し電解水素水と酸性水をつくるもので、その機能も生成される水の性質もまったく違います。

電解水素水生成器なら、水道水をさらにおいしくする浄水だけではなく、健康によい電解水素水をご家庭で手軽に生成できるのです。

電解水素水生成器と、浄水器はどこが違うの?
*
▲このページの先頭へ戻る

電解水素水生成器の仕組み。

水道水を浄水した後、さらに電気分解します。
それによりマイナスの電極には電解水素水が、プラスの電極には酸性水がつくられます。

※本サイトでは生成される水の名称として、「電解水素水」・「酸性水」を使用しています。
 これらはJIS T 2004(家庭用電解水生成器)で用いられる「アルカリ性電解水」・「酸性電解水」に相当します。

電解水素水生成器の仕組み
*
▲このページの先頭へ戻る

「トレビ水素プラス」は、電解水素水のほかに浄水や酸性水などもつくれます。

フジ医療器の電解水素水生成器「トレビ水素プラス FWH-6000」なら、電解水素水のほかに、浄水や酸性水、衛生水を生成可能。用途に合わせて、さまざまな水を使い分けることができます。

「トレビ水素プラス」は、電解水素水のほかに浄水や酸性水などもつくれます
*
▲このページの先頭へ戻る

賢く水を使い分けるためのポイント。

「トレビ水素プラス」がつくり出す、さまざまな水を上手に使い分けるためのコツをご紹介します。

Point1
料理に、「電解水素水」と「酸性水」。

電解水素水と酸性水を使い分けてご使用いただけます。

例えば、ごぼうやふきなどのアク抜き・だし取りに強電解水素水、
料理全般・お茶やコーヒーなどにはpH9.5、
炊飯・米とぎにpH9.0、
麺類のゆで上げ・天ぷらの衣作りに酸性水など。

使いこなして豊かな食生活にお役立てください。

料理に、「アルカリイオン水」と「酸性水」
Point2
薬・赤ちゃんのミルクに、「浄水」。

赤サビやミクロの汚れをろ過しながらも、ミネラル分は通す中空糸膜フィルターをはじめ、カルキ臭・総トリハロメタンは活性炭、鉛はセラミックで除去するなど、各種の浄水システムを採用。
よりきれいな水に仕上げます。

薬・赤ちゃんのミルクに、「浄水」
Point3
洗顔に、「酸性水」。

酸性イオン水は、朝の洗顔から、手や物の洗浄に、ご利用いただけます。

また、飲用に向かない酸性水の場合は、ブザーとランプの点滅でお知らせすることで、誤飲を防ぎます。

洗顔に、「酸性水」
Point4
洗浄除菌に、「衛生水」。

衛生水とは、強酸性水のことで、洗浄除菌作用が期待できます。

機器内の洗浄や手洗い、まな板・ふきんの除菌、浴室タイルのカビ防止やカーテン・ペット用品の消臭、また、床・壁などの拭き掃除にお使いください。

※ご使用後は、水道水ですすぎ洗いをしてください。

洗浄除菌に、「衛生水」
*
▲このページの先頭へ戻る

アルカリイオン整水器協議会(AAIWA)について。

アルカリイオン整水器協議会(AAIWA)は、皆さまに安心して製品をご愛用いただくことを目的として、当社をはじめ関連企業の参加により設立されました。アルカリイオン水の効能・効果に関する学術研究の推進や、整水器の正しい使い方の啓蒙などを中心に、健康で快適な生活づくりに役立てていただくための活動を行っています。

※フジ医療器は、アルカリイオン整水器協議会へ加盟しています。

アルカリイオン整水器協議会(AAIWA)
*
▲このページの先頭へ戻る