安全に関するご注意
*

フィットネス機器の安全な使い方

ご使用前に「取扱説明書」をよくお読みのうえ、正しくお使いください。

*

次の人は、使用前に専門医・理学療法士に相談する。

*
  • ペースメーカなどの電磁障害の影響を受けやすい体内植込み型医用電気機器を使用している人

  • 悪性しゅよう(腫瘍)のある人

  • 心臓に障害のある人

  • 妊娠中、または出産直後の人

  • 糖尿病などによる高度な末梢循環障害による知覚障害のある人

  • 皮膚に創傷のある人

  • 安静を必要とする人

  • リハビリテーション目的で使用される人

  • 体温38℃以上(有熱期)の人
    (例:急性炎症症状[けん(倦)怠感、悪寒、血圧変動など]の強い時期。衰弱しているとき。)

  • 骨粗しょう(鬆)症の方、せきつい(脊椎)を骨折している人、捻挫・肉離れなどの急性[とう(疼)痛性]疾患の人

  • 背骨(脊椎)に異常がある人、または背骨が左右に曲がっている人

  • 椎間板ヘルニア症の人

  • その他、身体に特に異常を感じているときや、医療機関で治療中の人

*
  • 要介護・要支援認定を受けた人など、からだが不自由な方が使用する場合は専門医・理学療法士の付き添いのもとに使用する。事故やけがのおそれがあります。

  • 高齢者の方は体力の低下が考えられるため、健康であっても専門医と相談のうえ使用する。事故やけがのおそれがあります。

  • 動かなくなったり異常がある場合はすぐに電源プラグを抜いて、ご購入先またはお客様相談窓口に点検・修理を依頼する。感電や漏電・ショートなどによる火災のおそれがあります。

  • 使用前には、必ず張地部分の布が破れていないか確認する。(どんな小さな破れでも直ちに使用を中止し、電源プラグを抜き、修理を依頼してください。)
    布が破れた状態で使用すると、感電やけがのおそれがあります。

  • 周囲に十分なスペースを確保し、水平で硬い床の上に設置する。事故やけがのおそれがあります。

*

次の人は、使用しない。身体に異常が起こる場合があります。

医師から運動を禁じられている人
(例:血栓[そく(塞)栓]症、重度の動脈りゅう(瘤)、急性静脈りゅう(瘤)、各種皮膚炎および皮膚感染症(皮下組織の炎症を含む)など)

*
▲このページの先頭へ戻る