安全に関するご注意
*

マッサージチェアの安全な使い方

ご使用前に「取扱説明書」をよくお読みのうえ、正しくお使いください。

*

次の人は、使用しないでください。身体に異常が起こる場合があります。

*
  • 医師からマッサージを禁じられている人
    (例:血栓[そく(塞)栓]症、重度の動脈りゅう(瘤)、急性静脈りゅう(瘤)、各種皮膚炎および皮膚感染症(皮下組織の炎症を含む)など)

*

次の人は、必ず医師に相談のうえ使用してください。身体に異常が起こる場合があります。

*
  • ペースメーカなどの電磁障害の影響を受けやすい体内植込み型医用電気機器を使用している人

  • 悪性しゅよう(腫瘍)のある人

  • 心臓に障害のある人

  • 妊娠中、または出産直後の人

  • 糖尿病などによる高度の抹消循環障害による知覚障害のある人

  • 皮膚に創傷のある人

  • 安静を必要とする人

  • 体温38℃以上(有熱期)の人
    (例:急性炎症症状[けん(倦)怠感、悪寒、血圧変動など]の強い時期。衰弱しているとき。)

  • 骨粗しょう(鬆)症の人

  • せきつい(脊椎)骨折の人

  • 急性[とう(疼)痛性]疾患の人

  • 背骨(脊椎)に異常のある方、または背骨が左右に曲がっている人

  • 捻挫、肉離れなど炎症性の人

  • 椎間板ヘルニア症の人

  • 温度感覚喪失が認められる人

  • その他、身体に特に異常を感じているときや、医療機関で治療中の人

*
*

お子様だけで使わせたり、自分で意思表示できない人には使用させないでください。また幼児を近づけないでください。

*
*
▲このページの先頭へ戻る
商品情報
*