安全に関するご注意
*

治療機器の安全な使い方

ご使用になる前に必ず「取扱説明書」をお読みになり、正しくお使いください。
医師の治療を受けている場合は、必ず医師とご相談の上、ご使用ください。

【低周波・超短波組合せ家庭用医療機器】 (対象商品 SW-600、SW-410)

*
*

下記のような医用電子機器との併用は、誤作動を招く恐れがありますので使用しないでください。

*
  • ペースメーカ等の体内植込型医用電子機器

  • 心電計等の装着型の医用電子機器

  • 人工心肺等の生命維持用電子機器

超短波治療において、次のような部位への使用はしないでください。

  • 出血部位または月経時の腹部

  • 頭部・顔面・心臓・生殖器への使用

  • 体内に金属・プラスチックを埋め込んである部位

低周波治療において、次のような部位への使用はしないでください。

  • 萎縮性拘縮を起こしている皮膚表面

  • 胸部近辺

次の人は必ず医師とご相談の上、使用してください。

  • 急性(疼痛性)疾患の人

  • 熱の高い人(38℃以上)

  • 低温やけどをしたことがある人

  • 悪性腫瘍のある人

  • 血圧に異常のある人

  • 適用部位の皮膚に異常のある人

  • 妊娠している人

  • 知覚障害のある人

  • 心臓に障害のある人

  • 安静を必要とする人

  • その他、医師の治療を受けている人や身体に異常を感じている人

*
▲このページの先頭へ戻る

【超短波治療器】 (対象商品 SW-500)

*

下記のような医用電気機器との併用は、誤作動を招く恐れがありますので使用しないでください。

  • ペースメーカなどの体内植込み型医用電気機器

  • 心電計などの装着型の医用電気機器

  • 人工心肺などの生命維持用医用電気機器

超短波治療において、次のような部位への使用はしないでください。

  • 出血部位または月経時の腹部

  • 頭部・顔面・心臓・生殖器への使用

  • 体内に金属・プラスチックを埋め込んである部位

次の方は必ず医師とご相談の上、使用してください。

  • 急性(疼痛性)疾患の人

  • 悪性腫瘍のある人

  • 妊娠している人

  • 心臓に障害のある人

  • 熱の高い人(38℃以上)

  • 血圧に異常のある人

  • 知覚障害のある人

  • 安静を必要とする人

  • 低温やけどをしたことのある人

  • 適用部位の皮膚に異常のある人

  • その他、医師の治療を受けている人や体に異常を感じている人

*
▲このページの先頭へ戻る

【低周波・電位組合せ家庭用医療機器】 (対象商品 FX-14000)

*
*

次のような医用電気機器との併用は、誤動作を招く影響を与える恐れがありますのでご使用にならないでください。

*
  • ペースメーカ、植込み型除細動器などの電磁障害の影響を受けやすい体内植込み型医用電気機器

  • 心電計等の装着形医用電気機器

心臓病と判断され、日常の過激な運動を制限されている人は、ご使用にならないでください。

次の方はご使用を避けるか、必ず医師に相談のうえご使用ください。

  • 脊髄の骨折、捻挫、肉離れ等、急性(疼痛性)疾患の人。

  • 妊娠初期の不安定期、または出産直後の人。

  • 悪性腫瘍のある人。

  • 心臓に障害のある人。

  • 安静を必要とする人。

  • 糖尿病などによる高度な抹消循環器障害による知覚障害のある人。

  • 体温38℃以上(有熱期)の人。

  • 急性炎症症状(倦怠感、悪寒、血圧変動など)の強い時期や衰弱しているとき。

  • 感染症疾患のある人。

  • 自分で意思表示できない人。

  • 酒気帯びしている人。

  • 医師の治療を受けている方や、特に体に異常を感じているとき。

次の方は、取り扱える人が必ず付き添ってご使用ください。

  • 介護が必要な方、子供

  • 取扱説明書の内容を理解できない方

ご自身以外(友人など)の方がご使用されるときは、付き添うか、よく説明してご使用させてください。
お使いになる方に、取扱説明書を読んでからお使いになるようにご説明ください。

乳幼児および身体に障害のある方にはご使用にはならないでください。

飲酒時や、睡眠薬を飲んだときはご使用にならないでください。

導子が濡れているときは使用しないでください。

ご使用中の人には触れないようにしてください。

ご使用中、身体に異常を感じたときには、直ちに使用を中止してください。

*
▲このページの先頭へ戻る

【低周波・電位組合せ家庭用医療機器】 (対象商品 FX-9000N)

*
*

次のような医用電気機器との併用は、誤動作を招く影響を与える恐れがありますのでご使用にならないでください。

*
  • ペースメーカ、植込み型除細動器などの電磁障害の影響を受けやすい体内植込み型医用電気機器

  • 心電計等の装着形医用電気機器

心臓病と判断され、日常の過激な運動を制限されている人は、ご使用にならないでください。

次の方はご使用を避けるか、必ず医師に相談のうえご使用ください。

  • 脊髄の骨折、捻挫、肉離れ等、急性(疼痛性)疾患の人。

  • 妊娠初期の不安定期、または出産直後の人。

  • 悪性腫瘍のある人。

  • 心臓に障害のある人。

  • 安静を必要とする人。

  • 糖尿病などによる高度な抹消循環器障害による知覚障害のある人。

  • 体温38℃以上(有熱期)の人。

  • 急性炎症症状(倦怠感、悪寒、血圧変動など)の強い時期や衰弱しているとき。

  • 感染症疾患のある人。

  • 自分で意思表示できない人。

  • 酒気帯びしている人。

  • 医師の治療を受けている方や、特に体に異常を感じているとき。

  • 温度感覚喪失が認められる人、または皮膚に異常(感染症、創傷など)のある方、低温やけどをしやすい人。

次の方は、取り扱える人が必ず付き添ってご使用ください。

  • 介護が必要な方、子供

  • 取扱説明書の内容が理解できない方

ご自身以外(友人など)の方がご使用されるときは、付き添うか、よく説明してご使用させてください。
お使いになる方に、取扱説明書を読んでからお使いになるようにご説明ください。

乳幼児および身体に障害のある方にはご使用にはならないでください。

飲酒時や、睡眠薬を飲んだときはご使用にならないでください。

ご使用中、身体に異常を感じたときには、直ちに使用を中止してください。

導子が濡れているときは使用しないでください。

1時間を超えるタイマーを使用する場合、次の人は医師と相談してください。

  • 高血圧の人。

  • 不整脈のある人。

  • 睡眠無呼吸症の人。

  • 喘息の人。

治療中の人に外部の人が触れないようにしてください。

*
▲このページの先頭へ戻る

【家庭用電気磁気治療器】 (対象商品 MS-100)

*
*

次のような医用電気機器との併用は、誤作動を招く影響を与える恐れがあるので使用しないでください。

*
  • ペースメーカなどの体内植込み形医用電気機器、または脳脊髄液短絡術用圧可変式シャントなど。

*

次のような場合もしくは医師の治療を受けている方は、本器を使用するに際して医師と相談のうえ、その指示に従ってください。

*
  • 悪性腫瘍のある人。

  • 心臓に障害のある人。

  • 妊娠初期の不安定期または出産直後の人。

  • 体温38℃以上(有熱期)の方。

  • 安静を必要とする人。

  • ねんざ、肉離れなどの急性とう痛性疾患の人。

  • 糖尿病などによる高度な抹消循環器障害による知覚障害のある人。

  • 温度感覚喪失が認められる人。

  • 皮膚に感染症または創傷のある人。

[使用上のご注意]

  • 他の治療器や電気製品との併用は誤作動を招く恐れがありますので、使用しないでください。

  • ご使用中は、時計・磁気カードなど磁気の影響を受けるものは近づけないでください。

  • 低温やけどの恐れがありますので、衣服の上からご使用ください。

  • ご使用中に気分が悪くなったり、身体に異常を感じたときは、すぐに使用を中止してください。

  • 本器に万が一故障などが発生した場合は、ただちに使用を中止し、ご購入先までご連絡ください。

*
▲このページの先頭へ戻る