マッサージチェアの原点 第一号機 フジ自動マッサージ機
*

第一号機「フジ自動マッサージ機」について

戦後間もない物資の少なかった時代、創業者の藤本信夫は、木材、野球の軟式ボール、自転車のチェーン、車のハンドル等の材料を集めてきては組み立てることを繰り返し、1954年、ついに世界初の量産型マッサージチェア第一号機「フジ自動マッサージ機」を完成させました。

「もみ」のみのマッサージ機能が搭載され、側面に取り付けられたハンドルをまわせば、もみ玉が上下に移動するシンプルな構造です。
この第一号機は、「人の手や道具を使って、たたく、揉む」という従来の概念を打ち破り、「椅子に座れば機械がマッサージしてくれる」という画期的な商品となりました。

銭湯や温泉旅館から、家庭にも広く普及し、人々の健康を支え続けるマッサージチェア。
第一号機は、その原点なのです。

第一号機「フジ自動マッサージ機」

 

2014年8月7日に「機械遺産」に認定!

フジ医療器のマッサージチェア第一号機は、マッサージチェアのルーツとして象徴的な存在であり、歴史的意義がある貴重な文化遺産であるとして2014年8月7日に「機械遺産第68号」に認定されました。

機械遺産の認定は、一般社団法人日本機械学会が、歴史に残る機械技術関連遺産を大切に保存し、文化的遺産として次世代に伝えることを目的に、日本国内の機械技術面で歴史的意義のある「機械遺産」として認定するものです。

日本機械学会機械遺産ホームページ

機械遺産認定証「機械遺産第68号」

 

第一号機の機能紹介

左側面には「ON/OFF」ボタン、外観部材は木製、右側面にはもみ玉昇降用ハンドル

 

ふたつのもみ玉でもみマッサージ、アイデアと工夫の詰まった内部構造

動画で見る もみの動き & もみ玉 上下移動

*

第一号機の仕様

*
第一号機「フジ自動マッサージ機」
寸法
約 幅710×奥行き870×高さ1,300(mm)
重量
約 64kg
動作
もみ
外観部材
木製
もみ玉材質
ウレタン

 

開発部コラム ~第一号機へ馳せる思い~

商品開発担当部長 吉田敏久


商品開発担当部長 吉田敏久

1993年、株式会社フジ医療器に入社。
品質保証業務に長く従事し、2011年に商品開発担当部長に抜擢される。
商品作りに対して熱いハートを持ち、常に新商品開発のために日本とアジアを奔走している。
週末は、運動不足解消もかねて、会社の同じ趣味を持つ有志と爽やかな汗を流すのが楽しみ。

第一号機から受け継いでいるもの

*

第一号機のもみ玉の動きは、現在の商品にも受け継いでいます。「もみ」は、マッサージにおいて基本の動きですからね。
創業者の藤本さんは、人の手のやわらかさに目をつけ、マッサージチェアのもみ玉に野球の軟球を選んで試作したというところが素晴らしいと思います。
より人の手に近づけようと部材を探す創業者の意欲、情熱、センスは引き継がれるべきことだと思い、私自身も強く意識しています。さまざまな素材を試して、常に良いものを追求するよう部下たちにも指導しています。

画期的!

*

モノがない時代に、機械でマッサージを実現させたことがまさしく画期的なことです。
マッサージは寝た体勢で人にしてもらうものだったのに、マッサージチェアの登場で、座った姿勢で機械にマッサージしてもらえるようになりました。多くの人が気軽にマッサージを受けられるようになったのですから、画期的としか言えません!

ものづくりの原点であり目標でもある

*

一番尊敬しているのは、自転車のチェーンや野球の軟球など世の中であるものでマッサージチェアを作ったということです。ものづくりをする人間にとっては、偉大なことだと感じます。
私自身、子どものころはおもちゃを自分で作っていました。木の棒とゴムで鉄砲を作ったり、ガラクタを集めて秘密基地を作ったり。
創業者の藤本さんは私のようにおもちゃではなく、商品を生み出し世に送り出したことができたんです。
この一号機はものづくりの原点といえますが、目標でもあるんですよ。

*

第一号機 所在地  ※原則非公開

株式会社フジ医療器 大阪工場
〒583-0995 大阪府南河内郡太子町太子2372-95

大阪工場紹介ページ

フジ医療器 大阪工場
*
フジ医療器のあゆみHOMEに戻る
*
▲このページの先頭へ戻る