マッサージチェアのフジ医療器

マッサージチェア リラックスソリューション SKS-4600
 
 
 
 
 
最新の技術と上質を極めたデザインで、ひとつ上の心地よさへ。
SKS-4600 HOME
特長
リモコン・基本機能
仕様・オプション

※本商品は生産終了商品です。

主な特長

すべての特長を見る
特長1
求めたのは最高の性能とデザイン。

最新のマッサージメカを包むのは、細部にまでこだわってデザインされたシックかつゴージャスなボディ。
暮らしの中に落ち着きと安らぎを演出します。

求めたのは最高の性能とデザイン。
詳しくはこちら
特長2
多彩なもみ技を、お好みのもみ心地で楽しめる、「極(きわみ)メカ2.0」。
多彩なもみ技を、お好みのもみ心地で楽しめる、「極(きわみ)メカ2.0」。

パワフルな2つ玉採用のもみ玉メカ「極メカ」がさらにパワーアップして「極メカ2.0」に。もみ技の強弱幅&極メカモード時の施療範囲を大幅に拡大しました。

詳しくはこちら
特長3
柔らかなエアーの刺激が全身を包み込む、「エアーマジック」。
柔らかなエアーの刺激が全身を包み込む、「エアーマジック」。

包み込まれるようなやさしい刺激、つかまれ・伸ばされる快感、絞られた血管をパッと離された時の開放感。42気室のエアーバッグが、複雑な動作で全身を心地よくマッサージ。

詳しくはこちら
特長4
今のあなたに合わせたマッサージのために、「3Dポイントナビシステム+(プラス)」搭載。
今のあなたに合わせたマッサージのために、「3Dポイントナビシステム+(プラス)」搭載。

座る人それぞれに適したマッサージを行うために、身体の複雑なラインを読み取るセンシング・システム。首からおしりまでをセンサーで読み取り、デリケートに変化する身体のカーブを検知します※。従来機種と比べ、肩位置調整幅がさらに広がり、より低身長の方にも対応できるようになりました。

※自動コースの「短縮」「ストレッチ」は、肩位置の微調節のみで体形検知は行いません。

詳しくはこちら
特長5
えらんでカンタン、“しっくり”が見つかる多彩な18種類の自動コース。
えらんでカンタン、“しっくり”が見つかる多彩な18種類の自動コース。

既存機種でご好評をいただいている12種類のマッサージコースに加え、新たに6種類のコースを追加。お好みのマッサージをご堪能いただけます。

※2010年8月、当社調べ

詳しくはこちら
特長6
身体を温める、遠赤綿入りヒーターパット。
身体を温める、遠赤綿入りヒーターパット。

遠赤綿内蔵のヒーターパットを採用。パットで身体を温めながらマッサージできます。

詳しくはこちら
*
▲このページの先頭へ戻る

主な機能一覧

※各機能については、それぞれのアイコンをクリックしてください。

身体フィット
  • 3Dポイントナビシステム+
  • ふくらはぎピッタリフィット機構
  • 電動角度調節オットマン
  • 電動スライドオットマン
  • 電動リクライニング
メカマッサージ
  • 自動コース:7段階 手動コース:12段階
  • メカ速さ調節3段階
  • 幅調節3段階
  • もみ玉数2つ
  • 極メカマッサージ
  • 3Dモードマッサージ
  • ゆらぎマッサージ(スピード自動可変)
  • もみマッサージ (2つ玉)
  • たたきマッサージ (2つ玉)
  • さざなみマッサージ
  • 足裏指圧球
エアーマッサージ
  • エアーバッグ42個
  • エアー強弱調節5段階(腕3段階、下半身ストレッチ2段階)
  • エアーマジック
  • 肩ぐうマッサージ
  • 手・腕マッサージ
  • ひねりマッサージ
  • 背・腰マッサージ
  • 座面マッサージ
  • ふくらはぎマッサージ
  • 足裏マッサージ
ストレッチ
  • 全身ストレッチコース
  • ストレッチ
  • ダブルストレッチ
  • フットストレッチ
コース・メモリー機能
  • 18種類の自動コース
  • ワンタッチ選択コース 3コース
  • メモリー機能1名
  • スキップ機能
  • リピート機能
  • パルスモード
  • おこのみマッサージ
外観
  • 移動用キャスター
  • 着脱式背パット・枕
  • ヒーターパット
  • 液晶リモコン(新表示)
  • リモコンスタンド肘付き(左右取付可)
*
▲このページの先頭へ戻る

商品についてのサポート情報

カタログ
取扱説明書
簡単操作ガイド
よくあるご質問
安全に関するご注意

お客様へ
カタログに記載しておりますメーカー希望小売価格の税込価格は、消費税率5%を加算した価格を表示しています。
2014年4月以降は、新消費税率8%を適用した金額となりますので、あらかじめご了承ください。

*
▲このページの先頭へ戻る