マッサージチェアのフジ医療器

商品特徴
こだわりHOME
マッサージチェアの歴史
技術と機能
マッサージチェアマイスター
マッサージチェアソムリエ

フジ医療器のマッサージチェアは、ココが違います。

Point1
マッサージチェアのパイオニアとして、信頼の実績。

フジ医療器では、1954年に第一号機を開発して以来、人々の疲れを癒やすためにさまざまなマッサージチェアを開発・販売してきました。現在も、市場トップレベルのシェアを維持しています。

  • フジ製作所第一号機のモデルとなった木製あんま機。

    機械遺産に認定された、第一号機「フジ自動マッサージ機」

  • 2モーターで、もみ・たたきが可能な特殊クラッチを採用したFM-52。

    2モーターで、もみ・たたきが可能な特殊クラッチを採用したFM-52

  • ポイントナビ搭載で、大ヒットしたAS-003。

    3Dポイントナビシステム搭載で、大ヒットしたAS-003

詳しくはこちら
Point2
業界をリードする高度な技術力が実現した、多彩な機能。

コリの深層部を攻略する、業界最大約12.5㎝のもみ玉突出量を実現した「深層 極メカPRO」。一人ひとり異なる身体の複雑なラインを自動的に検知する「3Dポイントナビシステム+(プラス)」や、エアーバッグの面刺激でソフトに筋肉を押し上げる「エアーマジック」など、独創的な新機能を次々と開発し、「高機能・高品質なマッサージチェアならフジ医療器」と評価されています。 ※当社調べ。2015年10月現在。

  • より深く、より繊細に、コリの深層を攻略する「深層 極メカPRO」。

    より深く、より繊細に、コリの深層を攻略する「深層 極メカPRO」

  • 身体のラインにあったマッサージを可能にする「3Dポイントナビシステム+(プラス)」。

    身体のラインにあったマッサージを可能にする「3Dポイントナビシステム+(プラス)」

  • ソフトに筋肉を押し上げる「エアーマジック」。

    ソフトに筋肉を押し上げる「エアーマジック」

詳しくはこちら
Point3
人間によるマッサージに近づくための「マッサージチェアマイスター」。

フジ医療器では、人間の行うマッサージに少しでも近づけるため、「マッサージチェアマイスター」と呼ばれる役割の社員がいます。
マッサージチェアマイスターによる、自らの身体を使って人間ならではの「心地よさ」を0.1秒単位で追求する調整作業は開発の最終段階まで行われ、「機械なのに、人間のような」マッサージを実現しています。

  • マッサージチェアマイスターによる調整作業。ただ休んでいるわけではありません。

    マッサージチェアマイスターによる調整作業。ただ休んでいるわけではありません。

  • 0.1秒単位での細かい設定が、より多くの人の「心地よい」に繋がります。

    0.1秒単位での細かい設定が、より多くの人の「心地よい」に繋がります。

  • マッサージチェアマイスターがOKを出すまで、新商品は発売されません。

    さまざまな体型のスタッフが集まる「マイスターチーム」。

詳しくはこちら
特徴1
マッサージチェアの魅力を伝える「マッサージチェアソムリエ」。

フジ医療器には、マッサージチェアの魅力を伝えるスペシャリスト「マッサージチェアソムリエ」と呼ばれる社員がいます。各種マッサージチェアについて細部にわたって熟知し、お客様の悩みにあったアドバイスをおこなっています。

  • マッサージチェアの魅力を伝えるソムリエ。明日の日本の元気を注入すべく日々活動している。

    マッサージチェアの魅力を伝えるソムリエ。明日の日本の元気を注入すべく日々活動している。

  • 体感してもらいながら機能を解説するソムリエ。この心地よさと共にその理由がわかるので大きくうなづいてしまいます!

    体感してもらいながら機能を解説するソムリエ。この心地よさと共にその理由がわかるので大きくうなづいてしまいます!

  • 研修会で自分のノウハウを伝えるソムリエ。弟子がソムリエとして活躍する日も近い。

    研修会で自分のノウハウを伝えるソムリエ。弟子がソムリエとして活躍する日も近い。

詳しくはこちら
*
▲このページの先頭へ戻る
商品情報
*